一日の始まりにライティングに着手すれば、仕事メインの一日になる!

一日の始まりにライティングに着手すれば、仕事メインの一日になる!

仕事に集中できる生活パターンは人それぞれでしょうが、私の場合は朝イチでとりあえずライティングに着手するのが良いみたいです。1日で3記事(14000字)も作業できた日のスケジュールを記録!

3記事14000字は自己ライティング記録更新!

【プラチナライター】
11:15 起床、PCを起動してサグーワークスをチェック
11:20 「お仕事を探す」にてプラチナタスクに書きやすそうな案件を発見、作業開始
※この時点では体が目覚めて空腹を感じるまでの30分くらい、作業するつもりでした
12:30 自転車で5分のスーパーマーケットへ買い物
13:00 帰宅、昼食、片付け
14:30 猫のゴハン~歯磨き~トイレ掃除タイム
15:00 ライティング作業を再開
17:30 1記事目を納品(約6000字相当。作業時間4時間くらい)
~コーヒーブレイク(糖分も補給)20分くらい
20:50 2記事目を納品(約4000字相当、作業時間3時間くらい)
~気分転換にメールチェックと処理、ポイントサイトやアンケートサイトの作業
22:00 夕食(インスタントラーメン、トッピング多め+コーヒーと糖分補給)
23:00 ライティング作業を再開
25:30 3記事目を納品(約4000字相当、作業時間2.5時間くらい)
~29:00 このブログの開設と各種設定、投稿

たくさん作業できた理由は?

・家事や買い物、外出など他の用事を済ませてからライティングしようとすると、時間も気力体力も減る。
(ライティングを後回しにしないことが効果的らしい!)
・自分にとって書きやすいジャンル(結婚相談所や婚活)
・同じクライアントからまとめて発注された案件だったため、ライティングのルールが共通していた
・参照URLと書くべき内容が詳しく指定されている案件だった
(リサーチや記事構成を考えるための時間労力コストがほとんどなく、指定内容をどう文章化するかに集中できた)
・書きやすい案件が複数まとまってある貴重なタイミングで、残り案件数がどんどん減っていったため
(良い案件は早い者勝ち!)
・段落数と指定小見出しが多い案件の場合、サグーワークスの作業画面に直接書いてからWordにコピペして校閲、修正も作業画面で行ったほうが効率が良いことを把握できた
(いままではWordに指定内容をコピペしてライティングした後でWordからライティング画面にコピペしていたため、手間がかかっていた)

 

今日の反省

・書きやすいジャンルをもっと増やす(そのために、いろいろなジャンルのライティングに挑戦する)
・ライティングのルールがまだしっかり身についていないのが効率悪い原因。まず全案件共通ルールを覚える。
・案件ごとに異なるルールの読解にも時間がかかっているため、慣れることでスピードアップする
・タスク案件がたくさんあるときでも少ないときでも、とりあえず今日ある案件に着手する




高単価の在宅ライターサービス【プラチナライター】