WEBライター

2/3ページ

連休前から仕事が少ない?タイミングよく高単価案件ゲット!

シルバーウィーク直前の金曜日、ほとんど案件募集がないな…と思って安い案件をトレーニング代わりに作業。それが終わったら今日はゆっくりするか~と思っていたのに、たまたま高単価案件を発見!結局、今日ものんびりはできず。

定休日だけど仕事してしまった!ライティングが癖になってきたかもしれない。

個人的に木曜日を定休日としており、この日はライティング作業は休んで気分転換するようにしています。しかし、「休みだけど、これだけはやっておこう」と思う作業が発生した場合は、少しライティングすることもあるのです。プラチナライターのサガ?

これが「作業興奮」か!徹夜明けで寝不足だけど24時間で18000円強を稼げた日

「作業興奮」とは、イヤイヤながらでも作業に着手して続けるうちにアドレナリンが出てきて「ランナーズハイ」「ナチュラルハイ」状態になり、苦痛な作業もその勢いでできてしまうことです。「やる気スイッチを押す」という表現で説明されることもあります。「WEBライティング実務士」受験用の教科書にも、「WEBライターは作業興奮をうまく使って作業すると良い」と書いてありました。今回は私が体験した作業興奮エピソード。

徹夜したけど1日で17000円弱を稼いだ!

「1日」をカレンダーの日付でなく「起きてから寝るまで」「24時間」としたら、今日は1日で17000円弱を稼ぐことができました。(正確には16858円。ただし「検定協会特典適用(一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会のWEBライティング実務士資格)」適用の報酬額)

1記事(2000字・2400円)のみ作業した1日

買い物に出かける用事があったため、まとまったライティング作業をする気になれず、1件のみ。(タスク案件でなく専属案件ならもっと作業できたかもしれない)

まったくライティングできなかった2日間

長時間の外出や他に優先順位の高い用事があると、ライティングをする余裕がなくなってしまうことがあります。今回は2日連続でまったくライティング作業ができなかったため、反省材料として記録しておきます。

ライティングタスク500文字735円のみ(作業時間1時間)

ライティングに割ける時間がほとんどなかったが、1時間で完了する案件があったので1本だけ作業。副業としてWEBライターをしている人は、こういうパターンも多いはず。

ライティングで735円しか稼げなかった1日(徹夜に交通事故…)

ライティングするためのコンディションが整っていなかった1日の作業スケジュール。徹夜、外出、交通事故、それでも帰宅後に1件書いて納品!

ライティング案件募集が夕方に追加された月曜日

ライティング募集のプラチナタスク案件がほとんどなかった日曜日が明けた月曜日、午前中も、午後になってからも、新しい募集はなし。しかたなく、レギュラー・ゴールドの募集案件で比較的記事単価が多いものを選んで作業開始。ところが…